通信制高校の学費はどれくらいかかるのか

私立の場合には、学校により入学金や授業料はかなり異なる

そのほかにも学校によっては生徒会費や振興会費、環境整備費などが設定されているケースもあります。
その一方で私立の通信制高校の場合には、学校により入学金や授業料はかなり異なりが見られます。
入学金はかからないところもあり、安いところが1万円、高いところとなると20万円にもなるところがあります。
東京都にある一つの高校の1年目の費用を計算してみると、入学金が5万円、授業料が25万円、その他の諸費用として14万5000円がかかり、1年目だけでも合計で45万円近くが必要となります。
2年目以降となると入学金は必要ありませんが、授業料と諸費用は同じようにかかるでしょう。
さらに通学を選んだ場合には、交通費が必要にもなります。
また私立の通信制高校の場合には、コースによっても異なります。
コースによっては、高校卒業資格を取得するだけではなく、就職した際に役立つ資格や技術などを身につけることができるところもあります。
同じ学校でもコースによって異なるでしょう。
このように同じ通信制高校でも、公立と私立によって大きく異なりが見られることがわかります。
しかし学校選びは学費だけで選ぶことはあまりお勧めできません。
多くの場合、通信制の高校を選択するということは、何らかの事情により高校を卒業できなかったというケースが多いでしょう。

通信制高校への入学や転入を考えた際に気になること / 私立の場合には、学校により入学金や授業料はかなり異なる / 働きながら通信制の高校で学ぶ人もいる