通信制高校の学費はどれくらいかかるのか

通信制高校への入学や転入を考えた際に気になること

通信制高校への入学や転入を考えた際に気になること / 私立の場合には、学校により入学金や授業料はかなり異なる / 働きながら通信制の高校で学ぶ人もいる

通信制高校への入学や転入を考えた際に気になることの一つに、入学金や授業料、その他の費用などの学費はどれくらいかかるのかということがあげられます。
費用だけで学校を選ぶというわけではありませんが、もちろん費用は選ぶ際の一つのポイントとなるでしょう。
一言で通信制高校と言っても、全日制の高校と同じように公立と私立が存在しています。
公立はそれぞれの都道府県に一校以上あり、この場合には都道府県が運営していることになります。
一方で私立の場合には、学校法人や株式会社などが解説し運営している特徴があります。
公立の通信制の高校の場合には、それぞれの都道府県が運営しているので、都道府県によりその学費は異なります。
基本的には入学時に支払うことになる入学金と授業料、さらには諸費用の三つに分けられるでしょう。
通信制高校の場合には、自分が受講する単位ごとにお金を支払うことになるため、授業料とあらわすわけではなく受講料と呼んでいることもあります。
公立の学費の一例としては、入学金が500円、授業料は1単位につき少ないところで330円、多い所で700円ほどとなっています。
通信制の高校の場合には、最低3年間で74単位を取得することが、卒業の一つの条件に定められています。
授業料は一単位で計算することになり、東京都立を例に挙げた場合には、1年目で25単位を受講するとなると、1単位当たりの受講料が336円となっているため、全部で8400円の授業料が必要です。
授業料とは別に諸費用がかかることになりますが、その内訳としては日本スポーツ振興センター共済掛け金が年額で165円、その他実習に必要な教材費や、レポートなどを郵送する費用などがあげられます。

卒業・夢へ一歩づつ進んでいくにはまずは学校選びから。
学校もいろんな特色があるからまずは
通信制高校やサポート校の特徴や、校風をチェックして、自分にあった学校を選びましょう!https://t.co/eM9aZGdtvx

— 鶴岡 たまき (@si6qttzb) 2019年6月16日