発毛剤、育毛剤、養毛剤 それぞれの効能

抜け毛、薄毛を改善するためのヘアケア商品には、主に「養毛剤」「育毛剤」「発毛剤」という3種類に分けられます。この区別は薬事法で決まっているものではなく、その作用や有効成分によって決められています。自分の毛髪の状態にはどれが適しているのか、それぞれの違いを知ってから使用しましょう。

養毛剤

これは抜け毛を抑制し、今生えている毛髪を保護するためのものです。主に配合されているのは、栄養素・保湿成分・皮脂やフケを抑える成分となっています。効き目は即効性というよりは、ゆっくり改善させていくといったものが多いので、もっとも手軽でどなたでも使いやすくなっています。養毛剤を使えば、頭皮の環境を改善し、今ある髪の毛を健康にして、その髪の毛が抜けてしまうのを防ぐことができます。

育毛剤

養毛剤が頭皮の環境を整えるのに対し、育毛剤はその名の通り、毛髪を育てるものです。働きは養毛剤と似ていますが、主に今生えている髪の毛の成長を促進し、脱毛を予防する目的でに使われます。この育毛剤には、医薬品や医薬部外品指定の指定を受けた商品がたくさんあり、有効成分も豊富に配合されているので養毛剤よりも高い効果を実感できるようになっています。

育毛剤は、育毛をつかさどる毛母細胞や毛根細胞に働きかけ、新陳代謝を活性化させて育毛を手助けしてくれます。頭皮の血行を良くする作用も含まれているので、栄養素を毛乳頭へ届けることもできます。ほかにも雑菌の繁殖を抑えたり、保湿成分によって頭皮の乾燥を防いだり、さまざまな効果が期待できます。

女性用の育毛剤は女性の頭皮に合わせ、男性用よりも有効成分の濃度が低くなっている物が多いので、男性は男性用・女性は女性用を使いましょう。

発毛剤

発毛剤はこの3つのうち一番パワーが強く、積極的に毛髪を発生させるものです。配合されている成分も、毛母細胞の活性化や細胞分裂に有効なものがたくさんあります。既に生えている毛髪のケアではなく、新たな発毛を促す商品となっています。

薬事法で医薬品に指定されている商品もたくさんありますし、医師から処方される医療用医薬品と、薬剤師がいる薬局等で購入できる第一類・第二類・第三類医薬品に分類される商品もたくさんあります。医薬品に分類されるものは確かに高い効果が期待できるのですが、その分副作用が起きる可能性もあります。使用の際は医師や薬剤師に相談してから使うようにしましょう。

育毛剤と育毛シャンプーは違う

テレビなどで、まるで育毛効果があるかのようなシャンプーのCMを見かけることも多いと思います。ハゲ、薄毛、抜け毛にお悩みの方にとっては、気になる存在ですよね。そういったシャンプー類には、本当に効果があるのでしょうか。

育毛シャンプーの効果

結論を言ってしまえば、「育毛効果がありそうな」シャンプーを使っても発毛するわけではありません。それは成分を調べればすぐにわかります。いろんな種類の商品がありますが、「育毛剤と同じ効果のあるシャンプーです」と謳っている商品の多くには発毛成分が入っていないので、あまり信じないようにしましょう。

注意点

こういったシャンプーの多くは、「余分な皮脂をとる」「毛髪を清潔にする」「洗い上がりがさっぱりする」「洗浄力が強い」などとアピールしています。

ですがこれには要注意。脂分を取りすぎることによって、逆に乾燥したり皮膚が傷ついたりして、発毛を妨げてしまう可能性があるのです。思っている以上に頭皮はデリケートで刺激に弱いものだと認識しておきましょう。

むしろおすすめなのは、洗浄力が強くてさっぱりするものよりも、保湿力の高いシャンプーです。なるべく頭皮への負担少なく、保湿成分入りのものを使いましょう。頭皮を清潔に保ちつつ、頭皮の緊張やコリをとって血の流れを良くするようなものだとベストです。そういったシャンプーに加えて、セットで育毛剤を使用するとなお良いです。

そして重要なのは、すすぎをしっかりすること。洗浄成分が頭皮に残ると、フケやかぶれなどの頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。頭皮トラブルが起きると、もちろん毛髪を作る毛母細胞にもダメージを与えてしまいます。ですから薄毛を防止するためには、きちんと流しきるように注意してください。参考:髪のコンディション|M字ハゲ改善する方法と一番効く育毛剤

原因は男性ホルモンにあり!

どうして男性ホルモンが発毛を阻害してしまうのか?

こちらの画像をご覧ください!

抜け毛が発生するプロセス このイラストは、男性ホルモンの働きがきっかけで抜け毛が発生するまでのプロセスをイラスト化したものです。
男性ホルモンが毛根部にある「5αリアクターゼ」という酵素と結びつくと、「ジヒドロテストロン」(通称DHT)という活性型の男性ホルモンに変わります。
この「DHT」は発毛や髪の成長を阻害する頭皮の皮脂を多く発生させるという性質があり、発毛を阻害する原因の一つとなります。

男性ホルモンの働きを抑えろ!

男性ホルモンが抜け毛の原因ならば、男性ホルモンの分泌を抑えるしかありません!
しかし、男性ホルモンなんてどうやって対策をするのか?

抜け毛の原因は男性ホルモンです。
当サイトで紹介しているプランテルなどは男性ホルモンの働きを抑えることに有効であると言われている画像の「ヒオウギ」という花の成分を使っています。

発毛を阻害する原因対策は以下の2点!

  • 男性ホルモンを抑える育毛剤を使う
  • 発毛にとって良い頭皮環境のため生活習慣を整える

この2点がとても大切です。


「ヒオウギエキス」が含まれている育毛剤がおすすめ!

「ヒオウギエキス」と言われても、「なにそれ?」状態だと思います。

「ヒオウギエキス」が抜け毛に有効だということも認知されはじめ、最近では「ヒオウギエキス」が成分に含まれた育毛剤が多く売られています。
育毛剤を選ぶときの注意点として、「ヒオウギエキス」が含まれているかどうかをチェックしてみましょう。

当サイトでは、「ヒオウギエキス」が含まれている育毛剤や、口コミや実際に使ってみて効果の高かった育毛剤を紹介しています!

抜け毛は恐ろしいことに日に日に進行しています・・・!
悩みはストレスになって、さらに抜け毛を進行させてしまう可能性もあります。
抜け毛が増えたと思い始めたらすぐに行動することが最善策だということを忘れてはいけません!行動あるのみです!

薬用プランテル
M字脱毛でお悩みの方は必見!
価格9,800円(税込)
定期購入29%OFF 6,980円(税込)
容量150ml
100mlあたりの 価格4,653円
効果・機能・育毛
・薄毛
・かゆみ
・脱毛の予防
・毛生促進
・発毛促進
・ふけの予防
タイプミストタイプ

薬用育毛剤プランテルの商品情報

調査した中ではM字型専用と宣言している唯一の育毛剤(M字型育毛剤)です。5α-DHTを生み出す男性ホルモン“テストステロン”の抑制を考えた天然由来成分の配合に特長がある商品。厚生労働省認可という安心感と、効果がなければ全額返金の保証まで付いており文句なし。また1日あたり単価も139円ほどと全商品の中でも最安値帯なので嬉しい。育毛剤の髙いイメージが完全に覆されます。
薬用ポリピュアEX
薄毛だと思い始めたら!
価格7,800円(税込)
定期購入15%OFF 6,800円(税込)
容量120ml
100mlあたりの 価格5,667円
効果・機能・育毛
・薄毛
・かゆみ
・脱毛の予防
・毛生促進
・発毛促進
・ふけ・病後
・産後の脱毛
・養毛
タイプスプレータイプ

ポリピュアEXの商品情報

ポリリン酸という成分を使っていることや、動・植物用培地での細胞増殖の様子で特許を取得しているという特徴があります。ただし残念ながらヒト試験ではないようです。 1位のプランテルに匹敵するパフォーマンスの高さで好印象。安全性への配慮もきちんとできています。単品価格がやや高めではありますが、全額返金保証付きなので及第点!
CHAPUP(チャップアップ)
発毛しやすい頭皮環境へと導いてくれる育毛剤!
価格14,800円(税込)
定期購入50%OFF 7,400円(税込)
容量120ml
100mlあたりの 価格6,167円
効果・機能・育毛
・薄毛
・かゆみ
・脱毛の予防
・毛生促進
・発毛促進
・ふけ
・病後・産後の 脱毛
・養毛
タイプスプレータイプ

CHAPUP(チャップアップ)の商品情報

全額返金保証書が付いてくることが特徴の育毛剤です。本当に全額返金してくれるのか心配性な方にはありがたいサービスです。1日あたりは高めですが、総合的には悪くない育毛剤です。基本的には使用感はスッとして気持ちいいです。好みによってはチャップアップを選ぶという選択肢もありです。
BUBKA(ブブカ)
高濃度「M-034」配合した濃密育毛剤!
価格22,680円(税込)
定期購入48%OFF 11,640円(税込)
容量120ml
100mlあたりの 価格9,700円
効果・機能・育毛
・薄毛
・脱毛の予防
・毛生促進
・発毛促進
・病後・産後の 脱毛
・養毛
タイプノズルタイプ

BUBUKA(ブブカ)の商品情報

今話題の育毛成分「M-034」を濃密配合した濃縮育毛剤です。頭皮にダメージを与えないノンアルコール製法は業界初で安心してご利用いただけます。また当然のことながら無添加・無香料です。いつでもやめれる定期コース、効果が実感できなければ全額返金保証とサポートも納得!